ブログトップ

Living in Tokyo ~7年目にしてやっと慣れてきた?~

フルーツ

昨日、フルーツが届いた。

いつも桃、梨、りんご等を送って下さる夫のお客さん(Iさん)。


わずか20日前に梨を頂いたばかりというのに今度はぶどう?!(  ゚ ▽ ゚ ;)




b0368673_18565660.jpg


ちょうど前日に、スーパーでぶどうを見かけて
「ぶどう食べたいなぁ」思ったばかり。113.png

いつも”もぎ立て”フルーツよりも、少し時間を置いた方が熟して美味しいけど
なぜかこのぶどうは、実がパーンと張っている=フレッシュ なのに
既に、爽やかな甘さで美味しい!!



b0368673_19025714.jpg



ちょうど梨が残り1個のタイミングで、ぶどうが届くなんて
スゴイ!




早速、心を込めてお礼状を作成。



b0368673_19062126.jpg


最近、フルーツは全て頂き物・・・(;^_^A

8月は、夫実家から届いた梨,
Iさんからの桃、
9月も、Iさんから梨&ぶどう・・・


大変、大変、ありがたいかぎり☆



たぶん4年以上も送り続けてくれているIさん。
もうIさん無しに我が家のフルーツライフは考えられない?!105.png



[PR]
by regina8 | 2017-09-29 20:07 | 日常 | Comments(2)

まとめ



↓今回のスイス旅行で周った所
総移動距離;約900km(帰りのミラノ空港含む)

充実したコースだった102.png



b0368673_08520909.jpg

初めてのスイスで驚いたことは

宿泊税が別途かかること。
旅行代金に含まれておらず(他会社のツアーであっても)、支払いは現地でキャッシュのみ。
都市とホテルのランク(スタンダード、スーペリア、デラックス)によって金額が異なる。

今回は
チューリッヒー2.50スイスフラン
ツェルマットー3.00スイスフラン
ルガノー5.80フラン

4泊分ー2人で28.60スイスフラン。


スイス到着日に添乗員さんにまとめて支払った。



レストランで水は、無料で出てきたのには助かった。
(フランスでは、水さえも、お金がかかった)

スーパーでは、英語表記が殆ど無い。
商品を選ぶのに苦労した。
セルフ会計にトライするも、英語表記が全くなく断念。148.png


↓印象的だったこと

わずかな距離でも氷河鉄道に乗れた
他のツアーでは行かない所も行った
旅行の最後は、イタリアンが食べれた
1日目~2日目は、曇りのち雨→3日目以降は晴れた
ツェルマットわずか1日間の滞在の中で、マッターホルンがきれいに見えた
スイスだけを周ることで、ドイツ語→フランス語→イタリア語の言語の変化を感じれた
ツアー参加者の人は良い人ばかりで、いろんな話が聞けた

1つだけ残念だったのは

歩きタバコが日本より凄く、常にタバコの害に悩まされたこと122.png
空気が美味しいツェルマットでそれは無いよ~;_;



ツアー参加者31名のうち、20名以上は50代後半~60代だった。
70代の人もいた。
旅行前は、「ドバイ乗り換え時間が5時間だから参加者はほとんどが20~30代かなぁ」
と思っていたのでビックリ!

皆さんめちゃくちゃ元気!!!





次回は、どこに行こうかなぁと話す中で、
「直行便だったらどこでも良い」という2人の共通の意見。119.png


乗り換え;2~3時間ならまだしも
4時間半~5時間は、しんどすぎる!!!!!


経験してよくわかったことでした。^^;



でも6年振りの海外旅行、行って良かった!


↓スネガで咲いていたエーデルワイス。


b0368673_18553972.jpg



旅行の最後は、夫は野生化していた。^^;

シェーバーを持参しておらず、旅行中、1度もヒゲを剃らず・・・
ヒゲ脱毛しているからといっても、全く生えないわけじゃないのよね(* ´艸`)


[PR]
by regina8 | 2017-09-28 21:48 | スイス旅行 2017 | Comments(2)

ミラノの空港から帰国


スイス旅行、いよいよスイスを離れる日。


朝、ルガノ湖畔を散歩。


b0368673_09175160.jpg

b0368673_09175820.jpg




b0368673_08522261.jpg


9時にホテルを出て、ミラノ・マルペンサ空港に向かう。

20分位でスイスの国境を越えてイタリアに入る。

10時過ぎに空港到着!



b0368673_20564686.jpg



ここでドライバーのダンチョさんとお別れ。




b0368673_08525935.jpg


多分ほぼ同い年だと思うけど、おっちょこちょいのダンチョさん。

テッシュで本人が宿泊するホテル情報が書かれた紙をなぜか紛失して
(車乗り入れ禁止なので)ツェルマットまで片道16フランをかけ、電車で私達が宿泊するホテルにやって来た。
そこで、再び添乗員さんにホテル情報をもらって、テッシュに帰って行ったらしい・・・

そんなダンチョさんだけど、5日間、1人で頑張ってくれた!

感謝☆


b0368673_20374140.jpg



各自チェッキンをし、シート番号を添乗員さんにお知らせし、
アレンジをすることになる。(4名参加の人がバラバラにならないようにシートの入替)

正直、添乗員さん、そんなに頑張らなくてもーと思った。
個人的には、2名ずつ分かれて座れるのならば、4名単位で固まって座らなくてもいいんじゃないかなぁ。
個人で飛行機に乗っても、家族でシートが離れることはよくあるし。

案の定、さすがの添乗員さんも疲れ&寝不足ピークで、間違ってアレンジしてしまい
搭乗時にトラブルになっていた(;'∀')


保安検査が激混みで、大変だった!
6レーン位あるも、一般客の人のQRコードが読み取れないとそれ以降の並んでいる人達が進めなくなる。

ここで添乗員さんが、大声で係の人を呼んで、列が進むようにしてくれた。
なんて逞しいのかしら。惚れ惚れ。113.png


なんとか必死に119.png、保安を通り、ショッピングエリアへ。

暑かったので、ジェラート♪
ここはイタリアなので、通貨は完全にユーロになった。



b0368673_21233519.jpg


朝ごはんで食べきれなかったクロワッサンを片手にコーヒーを飲む。
イタリア自体、20年振り位なので、コーヒーのオーダーの仕方を一瞬、忘れていた。

エスプレッソ or アメリカン(普通のコーヒーの事)なのよね(-_-;)

しかも、空港なのにコーヒーが安い!!!
スイスの後だから、よけいに安いと感じる!




出国審査を通り、いよいよ搭乗。

行先は・・・もちろんドバイ。
帰りもドバイ経由( ;∀;)

ミラノードバイは、6時間のフライト


b0368673_21340649.jpg


b0368673_20480616.jpg

機内食は普通ミール。
牛肉が意外に柔らかくてよかった!
ビーフシチューみたいな感じだった。


b0368673_21232578.jpg


b0368673_21352770.jpg


とっても甘かったけど、デザートが1番美味しかった。


ドバイに到着し、眠さピークの中、保安検査を通過。
ここでまた4時間半の待ち時間。
スイス時間で20~24時の時間帯だから眠い、眠すぎる(ノД`)・゜・。

この時が1番死んだ。
目を開けたままでも寝そうな勢い。




2本目の飛行機は
ドバイ時間2:40(スイス時間0:40)発。

最初の機内食は、”パーチ”というフィッシュをチョイス。



b0368673_21363385.jpg



噂には聞いていたけど、エンタメの中にゴスペラーズのプレイリストが入っていてビックリ!
しかも選曲が、シブい!!
ウォークマンで聞きまくっていたので、あえてここでは聞かず。



b0368673_21431931.jpg



プレイリストがあるのは、わずか7人のアーティストだけ。
エミレーツの社員の中に、ゴスファンが絶対にいるんだろうな、と推測。



b0368673_09451531.jpg


b0368673_21415979.jpg


2回目の機内食。


b0368673_21421009.jpg



夫は鮭の照り焼き。
脂がのって美味しかったそうな。


b0368673_21422809.jpg


b0368673_21461542.jpg






10時間弱のフライトを終え、成田に着いたのは17時半。

めっちゃ遠い・・・・!

行きの方が2時間も長いフライトなのに、帰りの方が長く感じる・・・・!!!!
マルペンサ空港を離陸して、20時間後に成田着って!!
分かっていたとはいえ、ほんまに辛かった!



b0368673_09052552.jpg

次回は旅の総括です。




[PR]
by regina8 | 2017-09-27 18:52 | スイス旅行 2017 | Comments(2)


<スイス滞在4日目の続き>



b0368673_09125680.jpg




ランチ後、サルティ橋に行く途中、007ゴールデンアイのロケ地を通る。



b0368673_08451609.jpg


このダムから飛び込む撮影が行われたとか。



b0368673_08463116.jpg


14:40 サルティ橋に到着。

ヴェルザスカ渓谷にある有名なスポット。
イタリア人の避暑地として人気になったらしい。

スイスのめがね橋。
めがね橋といえば、九州人が思い出すのは、長崎。
長崎のカステラ食べたいなぁ



b0368673_08591118.jpg


17世紀に建設。
1600年代に作られたなんて、スゴイ。



手すりが膝上までしかないので恐かった!119.png
橋の上から川に飛び込む若者がいた。


b0368673_09063725.jpg


若者以外は、岩からダイブしていた。







b0368673_08585363.jpg

避暑地というだけあって、水がとってもきれいだった。


b0368673_09101286.jpg

b0368673_09011056.jpg


2人揃って。




元々、観光スポットではなかった場所なので、道も整備が進んでいなく
バスが通ると対向車は避けなければならない箇所がいくつもあった。


↓対向車がかなり後ろまでバックをして譲ってくれた。


b0368673_09150309.jpg




16:50 モルコーテに到着。


b0368673_09242745.jpg




20℃超えで暑かった119.pngので、ジェラート。
3スイスフランだけど、3ユーロで払った。
(ユーロで払っても、お釣りはフラン)


b0368673_09280499.jpg



女性に優しいお店の人。
男性(夫)には、少な目に盛ったような気がした。^^;




18:30 Grand Hotel EDEN 到着!
待ちに待った、デラックスホテル!!



b0368673_09421538.jpg



b0368673_15082425.jpg

ゴージャスな感じ♪
最後に宿泊するホテルはやっぱりこうでなくちゃ!
部屋からルガノ湖も見れた。



b0368673_09425222.jpg



↓シャワーを浴びるのがとっても大変だった(;'∀')
ガラスの仕切りが途中で切れているから、お湯が
バスタブの外に飛ぶ飛ぶ・・・!


b0368673_14343828.jpg





人慣れしているスワン。
全く逃げる気配なし。^^



b0368673_09415850.jpg



b0368673_14282485.jpg





日本から持参したカップ麺が1つ残っているも、
夕食の為に、初めてレストランに入る!


1日目:日本から持参したカップ麺等
2日目:ツアーに含まれていた食事
3日目:サンドイッチのテイクアウト(疲労&あまりお腹空かず)



b0368673_14365732.jpg




b0368673_14370384.jpg



事前にリサーチしていたリストランテ。

自動的にサーブされたパンは固くて食べれなかったけど、
ピザとサラダは、普通に美味しかった☆

ここもユーロで支払う。
<TAXを入れて38.80ユーロだったので、43ユーロテーブルに置いてきた>



b0368673_15064844.jpg




このようにスイス最後の夜は更けていった。






[PR]
by regina8 | 2017-09-26 17:16 | スイス旅行 2017 | Comments(4)

~しつこく続くよ旅行記(;'∀')~


スイス滞在4日目。

朝食は6:30にロビーで配布され、部屋で食べてから、チェックアウト。



b0368673_08470830.jpg


スーツケースは部屋の前に出しておき、電気自動車で運んでもらい
人はてくてく駅まで歩く。(10分位)

↓この日の行程表。



b0368673_09175114.jpg


b0368673_08510958.jpg


7:52の氷河特急で、ブリークへ。
特急という名の普通電車(と同じスピード)で、景色を見ながらの電車の旅♪

↓車内は、かなり大きな窓なので、この季節、晴天時は暑いらしい。
この時は曇りでちょうど良かった!
人も少なかったから、ゆったり座れた。



b0368673_20140947.jpg



b0368673_08571830.jpg




ブリークの駅で下車。
ここからはバス移動。



b0368673_09125680.jpg



b0368673_16110629.jpg




b0368673_16105499.jpg




ブリークを出発して1時間強、ヌフェネン峠で休憩。(トイレは有料;1フラン)

ここ(バレー州)までがドイツ語圏。
となると地名も当然ドイツ語のはずが、”バレー”はフランス語。
なぜかココではそうなっている。

この先はティチーノ州で、イタリア語圏。



b0368673_10344600.jpg


曇り&強風&標高が高いので寒かった!155.png



b0368673_15264149.jpg

峠だから、ヘアピンカーブが多かった!




ここから1時間半後の12:20、
ベリンツォナ到着し、ランチ。(ツアー含)

地名がイタリア語=美味しいイタリアンがいただけそうな予感☆


”リストランテ”の文字に心が躍る♪




b0368673_14272652.jpg


b0368673_14274318.jpg



カプレーゼには、オリーブオイル&塩こしょう
リゾットには黒コショウ
をしっかり足していただいた。

美味しい!!

ツアーに含まれている食事の(昼2回、夜1回)の中で1番良かった



食事後は20分位のフリータイム。


b0368673_15370741.jpg


こちらのお城に、ツアー参加者何人かが行き、迷ったのか
2名が集合時間に10分遅れる(;^_^A


添乗員さん「団体行動なので時間はきちんと守って下さいね」

とハッキリ注意。

ステキ☆
こういうピリッとした人、大好き!
いくらお客さんでも、ルールを守らなければ、注意して当然。

遅れた年配ご夫婦、きちんと謝っていた。

国内のバスツアーでも、遅れた人にはこうやって注意すべき、とつくづく思った。
こうする事できちんと時間を守っている私達もモヤモヤしないし、そこで問題はクリアーになる。
【言っても聞かない外国人の参加者は論外だけど】





[PR]
by regina8 | 2017-09-24 15:22 | スイス旅行 2017 | Comments(8)

期間限定。

機内食で夫はハーゲンダッツを食べたので私も!

どちらも期間限定。



b0368673_08252079.jpg



ココナッツの味がしっかりして、美味しい。



b0368673_08261481.jpg

外はパリパリ♪
中は抹茶あずきがたまらない!




夫はフィリピン出張は順調そう。
22時頃帰宅予定。

明日は仕事だから2週間通しで仕事ということになる・・・(;'∀')

47歳、頑張れー!!!



[PR]
by regina8 | 2017-09-24 08:33 | 日常 | Comments(2)

今度はどこへ・・・?

昨夕より、夫が海外出張。

突然決まった出張で、スイス旅行から2週間で、また海外だなんて!119.png


こんな素晴らしい機内食がいただけたらしい。



b0368673_09380109.jpg



スマホのカメラではよく伝わらない・・・・!(;^_^A



こういった内容↓


b0368673_09111754.jpg


ハンバーグ パプリカのケチャップ風ソース フェットチーネ クリームソース *(桂シェフ)
タコポテトサラダ バーニャカウダーソース(桂シェフ)
よだれ鶏(井上シェフ)
フレッシュサラダ ドレッシング添え
ココナッツのブラマンジェと南国風リンゴのコンポート (桂シェフ)
ハーゲンダッツ アイスクリーム


<JALのHPより抜粋>
「若き料理人たちによる機内食」をご用意!

JALのプレミアムエコノミークラス・エコノミークラスにて、

料理コンペティション「RED U-35」で選ばれた6名のファイナリストによる機内食をご用意いたしました。

季節ごとに2名のシェフによる若さ溢れる自由な発想でのメニューが登場します。

日本料理、フランス料理、中国料理と多彩なジャンルで

世界中のお客さまに新しい"驚き"と"楽しさ"に出会える機内食をお届けします。


<RED U-35(RYORININ's EMERGING DREAM)とは>
2013年に幕を開けた、日本最大級の若手料理人コンペティション。

夢と野望を抱く、新しい世代の、新しい価値観の料理人(クリエイター)を見出し、世の中に後押ししていくため

日本の食業界の総力を挙げて開催する料理人コンペティションです。



さすが、選ばれたシェフによる機内食というだけあって

とっても美味しかったらしい。 110.png

エミレーツと比べると、余裕でJALの機内食が勝つんだとか。


ハーゲンダッツのアイスは、リッチミルク味。




成田から5時間かけてマニラに到着。


ホテルはデラックスホテル

自腹出張だけど、ここは安全最重視で。




b0368673_09445855.jpg


ホテル周辺は、やっぱり治安がよろしくないらしい。

ホテル目の前のセブンイレブンに行く時は、走って行くようにリクエスト。



他には・・・

〇TAXI乗車の際はロックするように

〇貴重品バッグは食事中も身体から外さないように


どうか誘拐されませんように!!!






今回の海外保険は、スイス同様


新・海外旅行保険【off!】


スイス7日間;5,220円(2人)

マニラ3日間;1,500円(1人)


必要最低限はカバーされていてこの金額だからコスパは良いと思う。

ex;航空機遅延費用;20,000円

携行品損害;350,000円


スイス旅行で出会った旅慣れた人達も、この保険に入っていて、ビックリした。^^
内臓系の持病があると保険料は高くなったり、加入拒否されたりあるそう・・・117.png



[PR]
by regina8 | 2017-09-23 10:16 | 日常 | Comments(4)

宿泊したツェルマットのホテル。

Hotel Alpenblick Zermatt


b0368673_09263379.jpg


b0368673_10323328.jpg

こじんまりとしたホテル。
朝焼けスポットまで歩いてすぐというのは良かった!



b0368673_09270660.jpg



冷蔵庫も有り、飲み物も充実していた。
ミネラルウォーターが、480円というのは、ビックリだけど。

この無造作に入れられてるのが海外だなぁ。


b0368673_10174446.jpg


飲食店で働いた経験がある身としては、ラベルを整えないと気が済まない^^;



噂では聞いていた、変わった形状のコンセントの挿し口。
最高何個プラグが挿せるのか考えてしまう。
もう1穴あれば、4個挿せるけど、どう考えても3個かな?!



b0368673_10282877.jpg



スイスの町並み。




b0368673_10143095.jpg



b0368673_14115436.jpg



↓こちらのレストラン「カフェデュポン」を事前に調べていたけど
部屋でゆっくりしたかったのと、クレジットが使用不可だったので諦めた。







b0368673_14065252.jpg

物価が高いスイスだけど、@5,000円位で食べれるという話だった。



↓駅の所。


b0368673_14061723.jpg




↓川がどうして白いのかよく分からなかった。



b0368673_14234967.jpg





↓スーパーで、このチーズフォンデュが気になった!
常温でOKで、電子レンジで温めれば食べれるらしい。


b0368673_14185556.jpg




↓圧倒的な存在感の5つ星ホテル


b0368673_14375965.jpg





↓ジャパレスを発見!


b0368673_14435919.jpg

”和牛ステーキ”というのは、
霜降り肉を意味しているらしい。

なのでオーストラリア産でも、どこ産でも、和牛といいます。





[PR]
by regina8 | 2017-09-21 15:57 | スイス旅行 2017 | Comments(2)


10:30に、ツェルマットの町に戻った以降はフリータイム。

ツアー31名の内、20名以上はオプション(21,000円)に参加していた。
私達はそのオプションと同ルートを個人で実行することに。

まず、チケットを買う。
往復で@94フラン(クレジット清算=11,114円)
途中下車OKの便利な往復チケット。

EX)A駅で降りて1区間歩き、B駅から乗車もOK。
(上る時は上りの方向のみ。戻るのは不可)


b0368673_11293117.jpg

オプションの人たちより1つ前の登山鉄道に乗り
Gornergrat(ゴルナーグラート)まで上る。

↓赤い×が現在地。


b0368673_08151077.jpg


雪景色が美しい


b0368673_08544534.jpg

b0368673_08474900.jpg


11:30、まずは食事。

セルフで料理を盛り、清算するシステム。


b0368673_08485818.jpg


2人でシェア。

・・・・にしても、この内容で4700円!105.png さすがスイス!!
でも、標高3000m超えで食事できるんだから仕方ないよね。

ここでしっかり野菜をチャージ♪


b0368673_08504395.jpg
クレジット清算。


大きなソーセージだった。
味は普通。


b0368673_08521350.jpg


b0368673_16240765.jpg



b0368673_08561372.jpg

マッターホルンとの高低差は、約1,400m。
さすが裾野まで見える♪


b0368673_15443800.jpg


鉄道で1駅下りる。


b0368673_11174840.jpg



まずは左方向へ。


b0368673_11314795.jpg

↓歩くルート


b0368673_11183861.jpg

最初の湖(リッフェル湖)の左側を歩く。



b0368673_11412525.jpg

b0368673_12012954.jpg


さらに進み

b0368673_12040493.jpg

↓2つめの湖

b0368673_12031583.jpg



この湖の右側を歩く。


b0368673_11425346.jpg



たくさん着こんでいるも、10℃位で暑いくらいだった。


b0368673_15151763.jpg

暑かったので、おーいお茶が美味しかった。
やっぱり緑茶、最高!
重い中、日本から持ってきて良かった♪


Riffelberg(リッフェルバーグ)の駅が見えてきた


b0368673_15183661.jpg


b0368673_15224740.jpg


↓【RotenbodenRiffelberg】間を歩いた。



b0368673_15563812.jpg


b0368673_15282240.jpg





14:15にはツェルマットに戻ってくる。



b0368673_15303118.jpg


先月、TVで放送されていたグレイシャーパラダイス
クローズだった。



b0368673_15371644.jpg


ホテルに戻る途中、パン屋さんに寄り、夜ごはんを購入。



b0368673_15462774.jpg


b0368673_15540699.jpg



夜ごはんの為にわざわざ外出したくはないし、
夕方までには、シャワーをしたかった為。

前日の水シャワー事件により、きちんと身体を洗えなかったから
この日は何が何でも、熱湯シャワーでちゃんと洗う必要があった。112.png
夕方ならまだ皆外出中だから、お湯が”なくなる”なんてことはない♪


b0368673_16031215.jpg


この量をシェアしてちょうど良かった。

夫はあまり具合が良くなかったので、ベッドへ。
私は、軽く散策をしに町へ。


17時には戻り、無事に熱湯シャワーにありつけた!!!
熱湯 LOVE☆
なんじゃそりゃ。






[PR]
by regina8 | 2017-09-20 16:21 | スイス旅行 2017 | Comments(2)

(まだ続くよ、スイス旅行記)


疲れもたまってきているスイス3日目。 119.png

前日から宿泊しているホテルの部屋は角部屋だったからか、
室内が寒く、鼻詰まりであまり眠れず。( ノД`)シクシク…
旅行中、アレルギーを抑える薬を飲んで挑んでいたのに・・・!
眠りたいのに眠れない(涙)

仕方がないので4時過ぎから起きるハメに。

↓そんな日の行程表。
10:30~はフリータイム。


b0368673_15183716.jpg


マッターホルンの朝焼けを見る為に

6:30に、ホテルから徒歩5分の所にある、スポットへ。


0℃位?
さすが、標高1,620m の朝は寒い!!



↓6:46 の夜明け前
(カメラがオートで明るさ調整する為、明るく見えるも実際は暗い)



b0368673_07072569.jpg

b0368673_15212135.jpg



6:50が日の出。
少しずつマッターホルンが照らされて行き、7:03には完全に赤く染まる!



b0368673_15234091.jpg


前日までの雨は
このキレイなマッターホルンを見る為のプロローグだったんだ!

1番の目的箇所で、晴れた174.pngから、何も言う事なし♪



7:30~朝ごはん。
(鶏の?)レバーペースト(パテ)が美味しかった!


b0368673_15311034.jpg

b0368673_15353493.jpg


レタス系やトマトが無いのは仕方ない!
パテが美味しいから♪



8:40~ホテルを出て徒歩で
Zermatt ZBAG(ケーブルカー乗り場)へ向かう。



b0368673_09482059.jpg
(画像をお借りしました)




入口を入ると、まずはトンネル。



b0368673_08414113.jpg




↓2010年のトンネルは、無機質なコンクリート


b0368673_08593789.jpg


随分と、明るくきれいになったのね!



ケーブルカー乗り場に到着!



b0368673_08445292.jpg


上に着いたら、更に短いケーブルカーに乗る。



b0368673_09054084.jpg



Sunegga(スネガ)の場所↓


b0368673_07120530.jpg


Leisee(ライゼー)湖に映る
逆さマッターホルンが美しい!


b0368673_09140659.jpg


b0368673_09183672.jpg



帰りも再び、短いケーブルカーで上る。


b0368673_09170746.jpg


スネガの駅にはレストランもあります。


b0368673_09052463.jpg


ここからツェルマットまで下りる。



b0368673_09272994.jpg

朝は寒かったけど、ここではダウンも必要ない位だった。






[PR]
by regina8 | 2017-09-19 09:37 | スイス旅行 2017 | Comments(6)