人気ブログランキング |

ブログトップ

Living in Tokyo ~7年目にしてやっと慣れてきた?~

知床旅行記~網走監獄~

2年越しの来たかったことろ

「博物館 網走監獄」


網走刑務所ができたのは125年前の明治23年(1890年)、北海道の開拓時代。
開拓の色々な仕事をさせるための一番安い労働力として囚人を使おうと当時の明治政府は考え、
北海道のあちこちに集治監と呼ばれる監獄を作っていました。網走監獄もその中の一つ。
網走刑務所で使っていた建物を移築(一部は再現)、保存して1983年~公開している。





駐車場から↓この橋を渡り、入口へ。


b0368673_08152596.jpg


大人;1,080円。

私は割引受けなかったけど
インターネット割引券で10%OFF。
(スマホで画面提示もOK)


b0368673_08111363.jpg



私と身長が一緒(165cm)の
守衛さんと一緒に。



b0368673_07405404.jpg

偉そうに映る私・・・(^^;

どうやらこの守衛さん、2代目ぐらいみたい。
(初代はひげが生えていた)




b0368673_18081775.jpg



b0368673_18082907.jpg



b0368673_18094357.jpg

b0368673_18100164.jpg



人形たちはヘアスタイルもちゃんと凝っていた
↓昔、流行ったよね♪


b0368673_18103790.jpg



裁判所は移築された物なので
実際にこの場所で多くの裁判が開廷されたという事になる。




b0368673_18131686.jpg



「休泊所」
中央道路の開削の時に使われた仮の宿舎。
動く監獄。



b0368673_18543599.jpg



たくわんは1人3枚らしい。




b0368673_19020224.jpg



↓まるでカメラに撮られるのを嫌がっているみたい。119.png



b0368673_07494653.jpg




b0368673_18461915.jpg







「監獄歴史館」

中央道路の開削の様子が3面スクリーンに映し出されるシアターがあり
当時の過酷な労働が分かる。
【札幌~旭川~北見峠】道路のうち、
【網走~北見峠】の180kmの道を作ったのが囚人たち。

1年で180kmの道路を作るという無謀な計画の為
あまりに過酷過ぎて、1,200人集められた囚人のうち、1年で200人が亡くなる。




監獄の歴史や囚徒の暮らしや作業を紹介。



b0368673_18471881.jpg



特別食は普通に豪華で美味しそう!
東京駅で1,500円位で売ってそう( ̄▽ ̄)




b0368673_18503581.jpg



b0368673_18504885.jpg




「二見ケ岡刑務支所」

自給自足の先導的な建物として明治29年(1896年)建てられた。



b0368673_07531938.jpg




農作業で汚れた足をキレイにする「洗足場」↓



b0368673_07533850.jpg



b0368673_08055453.jpg



共同作業?!



b0368673_07534546.jpg



ちょっぴり恐い人形たち。
幼稚園生ぐらいの子供が
👦「早く次の所に行こうよ!こわい!」
としきりに言っていた(;^_^A

そりゃ子供にとってはあまり楽しくない所よね・・・




b0368673_08033247.jpg


b0368673_08010686.jpg



b0368673_09065346.jpg

<プライバシー保護の為、目は隠しています>



b0368673_08015329.jpg



小学生位の男の子に
「悪いことをしたらこういう所で生活しなきゃいけないのよ」
と言い聞かせている人がいた・・・




b0368673_08105454.jpg



自給自足ってスゴイなぁ・・・
たくわんも、味噌も、野菜も全て作っていたのよね。






「舎房及び中央見張所」



b0368673_17122220.jpg




5棟が放射状に広がる舎房。



b0368673_16430487.jpg



b0368673_16425082.jpg




天窓からそそぐ光が印象的。




b0368673_16454599.jpg



↓白鳥由栄(脱獄囚)はすごかった。



b0368673_16503753.jpg
<画像お借りしてます>


彼の何がスゴイかというと

6年間もの服役中に4回の脱獄を決行、累計逃亡年数は3年。
頭が入るスペースさえあれば、全身の関節を脱臼させて、容易に抜け出した。
手錠の鎖を引きちぎる怪力ぶり

身体能力が凄すぎ!!




b0368673_17092632.jpg



b0368673_17101035.jpg



「監獄森のランチ」というネーミング、
爽やかなのか、なんなのか分からない(^^;



b0368673_17103176.jpg




監獄食A と B が1番人気なのかな?



b0368673_17135726.jpg




125年前は札幌までしか道路がつながっていなかった。
そんな中、網走、北見、斜里、紋別などの開拓が飛躍的に進んで行ったのは
囚人たちのお陰なんだなぁとしみじみ感じた網走監獄だった。

いくら囚人とはいえ、冤罪の人もいただろうに・・・と
いろいろと考えてしまう。



Commented by raratokio at 2019-07-19 17:40
ナクペンダさん、こんにちは❣️

大変、勉強させて頂きました。
m(_ _)m
北海道内の広い土地を開拓し、
道路を作ってくれたのは、実は囚人達だったのですね。
知りませんでした💦

ナクペンダさんがおっしゃるとおり、
免罪の人も含まれていたでしょうね。
冬の北海道、厳しい寒さの下、
過酷な状況下での作業で、命を落とす人が多かった…という情報もうなづけます。

京都アニメーションに放火した犯人に
この作業やってもらいたいです!!
Commented by かにたま at 2019-07-19 23:20 x
ほんとだ~楽しんでらっしゃる♪
そして守衛のおじさんとのツーショット…出来栄えの違いにビックリ!
ナクペンダさんは、ほんとスッとしてらっしゃいますね~(^-^)ステキ。
私が行ったときはまだ正面の橋が工事中で通れなかったんですよ~
写真が明るいからか、自分が行って見た時よりもこわいの薄らいでました。
・・・ハッ、私の感覚は幼稚園児レベルなのかっ(笑)
Commented by ひのえちゃん at 2019-07-20 15:31 x
すごい!!!
ほんと!人形がリアル過ぎ!
二年越しで、行きたかった訳が分かりました😊
監獄森のランチ?!って、なんだか、わらえた😁💦
Commented by regina8 at 2019-07-20 17:00
★raratokio さん
補足しますと、政府はロシア帝国の南下政策に備える為
北海道の開拓を急ぐ必要があったそうです。
彼らがロシアから北海道を守ってくれた、といってもいいと思います。
1年で200人も亡くなったことで、道路完成後は、
囚人を使いこのように働かせてはならない、
というルールができたようです。
当然ですよね。
ほんと、放火犯みたいな確実な容疑者はこういった作業すべきです!
Commented by regina8 at 2019-07-20 17:06
★かにたま さん
ノリノリで、守衛さんと撮影しました(^^;
ずっと来たかった気持ちが大きくて・・・
橋が工事中!それでキレイだったんですね!
いやいや(笑) おひとりで行かれると恐くなっちゃいますよ。
特に休泊所は暗かったので、分かります!
写真も明るさ調整したりしましたもの。
Commented by regina8 at 2019-07-20 17:14
★ひのえちゃん
ほんとリアルですよね。
しかも昔の人形というのは、大体、出っ歯の人が何人かいるんですよね。
歯科矯正がなかった時代だから?!とか色々考えます(^^;
監獄森というあり得ないネーミングが笑けますよね^^
by regina8 | 2019-07-19 17:18 | 北海道旅行(道東)2019 | Comments(6)